ローンとキャッシングの違いって?-すぐ借りたい.net

 

キャッシングとローンの違いを明確に言う事が出来るでしょうか?どちらもお金を借りる、借りたいことだという事は分かると思います。
ここでは、キャッシングとローンの違いを見ていきましょう。

 

キャッシングとは?

キャッシングは、利用目的が無くてもお金を借りる事が出来ます。例えば、「車を購入する」という目的が無くても借入が出来てしまいます。
保証人や担保も必要ありません。返済方法は、基本的に「翌月一括返済」になります。

 

また、キャッシング会社によってはリボルビング払いや分割払いが出来るところもあります。その日のうちにすぐ借りたい、という時には一般的には、即日キャッシング、と言い換える場合もあります。

 

ローンとは?

ローンは、英語の"loan"から来ています。「貸付」「貸付金」という意味なので、マイカーローンや住宅ローン、キャッシングなど幅広くローンと呼ぶ事が出来ます。
特徴としては、車を買ったり家を買うなど、何かの目的の為に借入をするところです。返済方法は、毎月一定額を支払う「リボルビング方式」になります。

 

他にもカードローンなど、金融用語は様々ありますが、言葉ごとに意味があります。
よくわからないことでも、大手消費者金融でしたら、公式ホームページにしっかりと全て記載してありますので、公式ホームページを確認すれば安心ですね。

 

自分自身のローンカードを作るには?

自分自身で使用するローンカードを作るには、申込みをした会社に利用の許可をしてもらう必要があります。それには申込み後に審査を受け、個人の属性や信用情報の調査をされます。この時に安定した収入が無い、勤続年数が短いなどマイナスとなる要素があると、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

審査に通りやすくなる方法として、借入れ希望額を少なくすることがあります。数万円の利用が希望ならば、1万円から10万円程度の希望額にしておくと良いと思います。その場合、過去に返済の延滞や債務整理をしていると、審査に通らないことになります。

 

債務整理をした履歴がなくても、ショッピングの分割払い、スマホ代金の支払いなどで延滞をしていることでも、ブラックリストに載ります。気付かない内に信用情報をキズつけていることもあるので、注意が必要です。

 

モビットで審査落ちした場合

例えば消費者金融のモビットで申込みをして審査に落ちた場合、次の消費者金融に申込みをするとします。その際にアコムで申込みをし、再び審査に落ちた場合には、信用情報にキズがついている可能性があるかも知れません。

 

個人信用情報機関で信用情報の照会をすることで、金融会社では信用情報の共有が可能になっています。それでも審査の結果については、それぞれの会社で独自の基準があるので、1社目の審査に落ちても2社目では審査に通ることもあります。
1社目の審査に落ちた場合には、諦めずに次の会社に申込んでみましょう。

 

すぐ借りたい特集